公平な遺産分割サポート

核家族の公平な遺産分割を、不動産鑑定士の立場からきめ細かくサポートいたします。

ご自宅の本当の価格をご存知ですか?

「公平な遺産分割」のためにみなと鑑定ができること

核家族化が進んでおり、夫婦と子供2~3人という家庭が増え始めたのは高度成長期のころからでしょうか。これまでは長男が家を相続するという文化が長く続いておりましたが、最近は核家族化が進んだことによりこの常識は壊れつつあります。

このような現在の核家族の相続問題について考えてみました。一般的には男性のほうが平均寿命が短いことから、まずはお母様が家を相続します。その際ご子息は相続を放棄するのが一般的ではないでしょうか。この場合家族円満であれば特に問題は有りません。

flow_01

次に二次相続が起きた時お母様が住んでいた家はどうなるのでしょうか。相続人はご子息のみとなりますが、一般的な家庭の場合相続財産は数千万円の家とわずかな貯蓄というケースが多いとの統計も出ております。この場合相続税は特に発生いたしませんが、当然相続は発生します。

不動産を売却して現金で分ける場合には公平に2分割、3分割が可能であるため問題は発生いたしません。しかしその不動産にご子息の内の誰かが住んでいる場合はどうでしょうか。ご自宅を売却してしまうと住む家がなくなってしまいます。また何よりお父様お母様が築いた自宅を手放すのは淋しいです。しかしご自宅を使用しているご子息一人のために他のご子息が相続を放棄する若しくは少ない現金のみを分けるというのは兄弟間で不公平です。

flow_02

 

→ このようなケースでみなと鑑定は提案します。